シンセサイザー 滋賀県で売却するなら楽器買取センター

シンセサイザー / オルガン

買取強化を実施中!

お手持ちのシンセサイザーの買い替えをお考えの方!
ご不要なシンセサイザー/オルガンをお持ちの方!

是非、ご連絡ください

取扱いメーカー

Access
AKAI
CLAVIA
KORG
KORG
MINIAK
MOOG MUSIC
Waldorf
YAMAHA(ヤマハ)
カシオ
Roland(ローランド)

アナログシンセサイザーについて

アナログ・シンセサイザーは、シンセサイザーの中でアナログ回路を用いて音声合成を行う機種に対する呼称。
1960年代半ばのシンセサイザー実用化以来、1980年代半ばまでのシンセサイザーはアナログ回路を用いたものだったが、技術の進展に伴い登場した安価で多機能なデジタルシンセサイザーの普及により、生産台数は減少した。しかし1990年代後半から、アナログ独特の音質と機能が再評価され、21世紀に入るといくつかの会社からアナログ・シンセサイザーが新たに発売された。発売終了後、数十年を経たミニモーグやプロフェット5などが銘機あるいはビンテージ機としてこだわりを持つミュージシャンに愛用されている

選べる査定・買取方法

お客様のご都合に合わせてそれぞれ査定・買取それぞれ2つの方法からお選びください

楽器をより高く売るためのコツ

以下のことに注意していただけると、さらに買取額アップ!

掃除をする。

楽器・付属品ともに出来る範囲で綺麗にしておく。
汚れたままですと減額の対象にもなります。
一通りの作業がスムーズに出来ているか?確認する。

楽器の動作の確認をする。

こちらでも確認いたしますが、
ジャンク商品として扱える物と扱えない物と御座います。
扱える物の場合でも確認作業の効率が大幅に変わります。

付属品の確認をする。

その楽器の付属品が、自宅にあるようであれば、あるだけ全て揃える。
基本的に付属品はプラス査定の要因にもなります。

詳細を添付する。

楽器の付属品の有無や壊れている個所や改造個所など
がある場合は、メモを添付する。
またご自身で解る情報(購入時期や価格帯など)の添付をする。

タイトルとURLをコピーしました