ハーモニカ 滋賀県で売却するなら楽器買取センター

ハーモニカ 高価買取します

「ハーモニカ」を買取します。 ハーモニカは、弦を指で弾いて音を出す楽器で、日本を含む東アジアで使われている伝統的な楽器です。 楽ハーモニカ、平家ハーモニカ、盲僧ハーモニカ、薩摩ハーモニカ、四絃筑前ハーモニカ、五弦筑前ハーモニカなどの種類があります。当店は、ハーモニカの製品を積極的に買取しています。ハーモニカに関する楽器は、ぜひ当店にご依頼下さい。現在、ハーモニカを高価買取中です!

選べる査定・買取方法

お客様のご都合に合わせてそれぞれ査定・買取それぞれ2つの方法からお選びください

ハーモニカについて

ハーモニカの発明者は諸説ありますが、1820年頃に作られたオルガンの調律用の道具が起源といわれ、1821年、ドイツのベルリンで、オルガン職人の息子、クリスチャン・フリードリッヒ・ルードヴィッヒ・ブッシュマンという当時16歳の少年が、「AURA(オーラ)」というハーモニカの原型を試作した物が発明者として有力であります。彼はアコーディオンの発明者としても知られており、「AURA(オーラ)」はオルガンの調律用に鉄製リードを付けた笛です。

タイトルとURLをコピーしました